マシェリ >> ブログ

Love Letter

翔子のブログリスト

2020-05-21 03:48

ラブレター💌貰ったことありますか??
今日お話しするのは岩井俊二監督の映画love letterについてです。実はこの映画、まだ冒頭しかみていません。すみません…。

ちなみに冒頭は中山美穂と雪と木々が広がる景色から始まります。あれ、どこかでみたことあるな、と、そうです。同じ岩井俊二監督の多分まだ現在上映中の映画、ラストレターの冒頭シーンです。こちらは映画館で最後まで鑑賞しました。

物語は松たか子がなんやかんやで亡くなった姉の同窓会になんやかんやで姉として出席するところから始まります。そこで福山雅治と再会し、連絡先を交換するのですが、なんやかんやで松たか子の携帯は使えなくなってしまい、お互い文通をし始めます。そこから亡くなった姉についての物語になっていくのですが…。

このお話、わたしは先方のlove letterを知らずに拝見したのですが、少しオマージュがかかっている様です。

どちらもタイトルにレターとついているぐらいですからやはり手紙ですよね、舞台を現代に合わせると手紙ってなんらかの理由で携帯を使えなくさせないといけないくらい、本当に書かなくなったんだなと実感しました。いきなり文通をしてもよかったのでしょうけど、そんな人はきっと少し抜かしてると若い層に思われるのが酷だったのでしょう。婚活アプリを題材にした映画を作るくらいですから、時代を汲み取った上でそこに映画的要素を加えることができる、生涯監督なんだなと思いました。

現代、連絡はタイムラグなく取れる様になり、待ち合わせにすれ違うことはなくなりましたし、グーグルマップがあれば道に迷う様な事もなくなりました。
人に聞けばググれksと言われる様な時代ですが、すれ違い、道に迷い、そんなハプニングもあったねと笑い合える時代に憧れもあるのです。
通勤通学の時間がなくなり、少し時間に余裕ができた人も多いと思います。たまにはこれらの映画の様に、誰かにさわやかに手紙を書いて送ってみたいものです。

翔子。
メッセージを送る

※コメントをするにはログインが必要です。

ライブチャットマシェリからログイン
IDまたはメールアドレス
パスワード
次回から入力を省略
メッセージボックス
メールボックス
料金案内 料金案内ページへ
推奨環境
■必須プラグイン
FlashPlayer
■推奨ブラウザ
Windows
Internet Explorer  Fire Fox

コンテンツ説明